初めに

  協栄情報の陸です、私は1月31日にAWS SAA-CO2認定資格を取得しましたので、試験の経験を皆さんと共有したいと思います。これから少しでも利益が得られることを願っています。将来この試験の準備をする際に、学習の方向性を示し、試験を受ける際の問題を回避できるように努めます。

試験準備

  1月の初めにAWSのサービスだけで始めたのですが、会社のAWS研修の話を聞いて登録するようになりました。 しかし、研修が始まったのは1月中旬からだったので、最初の2週間は独学で勉強していました。 勉強を始める前に、主にAWS SAA C02試験の認定資格を取得するためにどのようなサービスが利用されているのかを理解するために、AWSに関する記事をいくつか読みました。 主な利用サービスを決めた後は、動画サイトで関連する学習動画を探し始めました。
  動画を見始めた当初は、基本的に何も理解できなかったのですが、チュートリアルに沿って練習をしていくことになりました。 3日ほど基本的な解説動画を見て、少しずつAWSを理解していき、チュートリアルを行ったり来たりしながら練習をしていくと、だんだんと実験がスムーズになっていきました。 1月の半ばになると研修が始まり、基礎の話をすると、事前にある程度の時間を学習していたので、比較的簡単なコースのように聞こえました。 講座が深くなってからは少しわかりにくくなり、練習をしているといろいろな問題にぶつかるようになりました。 後者は、講義のコースウェアを繰り返し見て、練習をすることで

試験分析

  この試験では、「Design Resilient Architectures」、「Design High-Performing Architectures」、「Design Secure Applications and Architectures 」、「Design Cost-Optimized Architectures」の4つの分野が出題されました。 今回の試験では746点しか取れなかったのですが、個人的には「Designing Resilient Architectures」と「Designing High Performance Architectures」の2つの分野が難しく、試験前にしっかりと把握していなかったので、この2つの分野でかなりの失点をしてしまいました。 試験前には、この2つのモジュールの復習を重点的に行うことをお勧めします。 逆に、私は「Design Secure Applications and Architectures 」のこの領域は、キーワードに注意を払う限り、これらの4つの領域でマスターするために最も簡単なものだと思いますが、スコアに比較的簡単です。 また、試験の解答選択肢の中には、このあたりの問題で特に混乱するような解答はありません。

試験のアドバイス

  今回はオンラインで受験しました。登録時はPSIとPearson Vueの2名の審査機関がありました。 当時、試験はPSI審査機関を通じて実施されていたため、試験の30分前に全員が機器試験に参加するのが最善でした。2人に会い、機器が検査に合格しなかったため、試験はキャンセルされました。 したがって、誰もが試験時間に特別な注意を払う必要があります。 今回の試験では、レジリエンスアーキテクチャと高性能設計の2つの側面についてはかなり難しいと思いますが、これら2つの部分の知識を習得していなかったためか、回答の選択肢が混同されて、失点が多かったです。そのため、試験には特に注意してください。すべての質問に答えたら、2回確認することをお勧めします。
  最後に、試験に合格するすべての人の成功を祈っています。
付、動画サイトリング:https://www.youtube.com/watch?v=rXyyDMIC4PQ&list=PLiH9_MU-6RjI9gdFqmvUfKRfw_zRxIb6o

Last modified: 2021-02-05

Author