EBS 新しいボリュームタイプ io2 登場

AWS のAmazon EBS に新しいボリュームタイプ io2 が登場しました!io1と比較して設計上の耐久性が100倍に、1GiB毎に設定できるIOPSが10倍になって、お値段はio1と同じ。機能はio1と同じですが... » read more

自宅でAWS認定資格をオンライン受験してみた(クラウド プラクティショナー)

Training and Certification AWS 認定がオンラインで受験可能になりました。AWS APNティアにアップグレードする必須条件として、規定数量のAWS基本認定取得者(クラウド プラクティショナー)が必要になります、現在は新型コロナウイルスが大流行で、テストセンターに試験を参加するは嫌だ。。

Amazon SNSとAmazon SESの違い

「Amazon SNSとAmazon SESの違いがよくわらん 」という方は多いと思います。 この前の文章でも記述することがありますが、メールサーバーとしてEC2を直接利用できないです。 詳細は下記をご参照ください。

EBSボリュームとパーティションについて

最近、EBSの構成とOSのパーティションを悩んでいます。 「汎用SSD(gp2)EBSはボリュームのサイズを大きくするとIOPSも大きくなる」のことを聞いたことがあるでしょうか? 複数のパーティションが一つ大きいボリュームにするIOPS増やすように考えしています。。。

Windows でAmazon RDS for PostgreSQLに接続する

開発現場でGUIを利用しDBを接続する場合が多いが、RDSは外から接続できないような構成となります。今回はRDS上に構築したPostgreSQLデータベースへGUIクライアントのpgAdmin4で踏み台経由で接続する方法を説明します。(イメージは下図のとおりです。)

Bitnami AMIのsendmail配置

AWSに構築しているwordpressはBitnami のAMIを利用しました。 wordpressのメール送信機能(パスワード忘れなど)を利用するために、AWSにポート25制限を申請しました。 AWSに稼働しているEC... » read more

Bitnami NGINX タイムゾーンの設定方法

BitnamiのAMIにnginx、PHP、MySQL既に配置しているので、WordPressを構築すればとても便利です。 ただ、AMIのディフォルトタイムゾーンの設定はUTCに設定されていつので、Log確認する時不便で... » read more