はじめに

協栄情報の梁欣宇です。AWSの現在の人気と、会社が従業員にAWS認定試験の受験を推奨しているため、私は会社が主催するAWSトレーニングコースに参加し、2月1日にAWS SAA-C02試験に合格しました。より多くの人がスムーズに試験に合格できるように、ここで私の経験を共有します。

実験の準備

研修コースから最終試験まで約1ヶ月かかりました。AWSにほとんど触れたことがない新人として、この1ヶ月に、私は全ての精力を実験の準備に投入しました。

会社提供するのAWSコースは、試験に必要な知識を体系的に説明すると同時に、AWSの基本的な運用方法も紹介しています。私の日本語レベルでは、このコースの内容を十分に理解することはできませんが、コースの重要なポイントをすべて詳細に記録しました。コースのドキュメントとAWSから提供されたドキュメントを組み合わせて、コース後に記録したすべてのポイントをさらに勉強し、要約しました。AWSの基本的な運用は、手順書に従って自分自身を実行しました。

実験関する

試験は主に以下の4点を中心に展開します:
スケーラビリティ高い可用性高耐障害性およびコスト効率

私は787の点数で実験に合格しましたが(要求は720/1000)、実験の成績書には私の高い可用性の部分はまだ改善が必要であることを示しています。

実験を参加する時

私は、自分端末の原因か、インターネットの原因かわからないのために初めての実験(2021/1/31)がキャンセルされました(不正行為ではないため、受験料は返金されます)、だから、実験日の準備を強調したいです。
リモート実験のため

  • 実験の前に、デスクとその周辺がテストに影響を与えないことを確認する必要があります。
  • 実験用のソフトウェアは、実験の前に再ダウンロードして確認する必要があります。
  • Pearson Vue主催の試験を受けましたが、インビジレーターが選ぶことができます(日本語/英語)。インビジレーターは試験の前にあなたにいくつかの指示を与えます(書き込み/電話)。

最後に

上記は、AWS SAA-C02試験を受けた私の経験です。
この記事がどなたかのお役にたてば幸いです。

Last modified: 2021-02-05

Author