S3とは

AWS S3は、インターネット指向のストレージサービスです。以下は公式テーマの一部です
バケット:オブジェクトを格納するためのコンテナ。
オブジェクト:データ要素は、AmazonS3に格納されている基本エンティティです。オブジェクトは、オブジェクトデータとメタデータで構成されます。メタデータは、オブジェクトを説明する名前のセットです
キー:キーは、バケット内のオブジェクトの一意の識別子です
リージョン:作成したバケットを格納するために、AmazonS3のAWSリージョンを選択できます。地域を選択して、待ち時間を最適化したり、コストを最小限に抑えたり、規制要件を満たすことができます

個人的な理解

バケットはフォルダです。オブジェクトは、フォルダー内のドキュメントです。キーは、一意の識別子であるドキュメントの名前のようなものであり、同じ名前のドキュメントをアップロードすると上書きされます。

S3練習

詳細な操作は後日更新します
Amazon S3へのアクセスを許可するためのIAMロールを作成します。
EC2インスタンスを作成し、Amazon S3ロールの所有権をEC2に付与する。
Amazon S3を作成して、Amazon EC2がAmazon S3に接続する。

注意点

自分のアカウントを使用する場合は、EC2は、できればIAMのロールにS3を操作するための許可を持っている必要があります

まとめ

今日はEC2を使ってS3を接続して操作しようとしました。 EC2がS3サービスに接続する場合、インスタンスにはS3を操作する権限が必要です。同じドキュメントをアップロードする場合、同じ名前のドキュメントはプロンプトなしで上書きされるため、ファイルをアップロードするときは特に注意してください。最後に、S3で一番感じたことは、操作コマンドがLinuxのコマンドのようにシンプルで、使いやすく、アップロードも速いということです

Last modified: 2021-01-17

Comments

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.