AWS EC2を使用した方はご存知だと思います、 EC2を停止してから再起動すると、パブリックIPアドレスが変更されます。 IPアドレスを固定にしたいのは、EIPを申請して関連付ける必要があります。

EIPについて、以下のリンクをご覧ください。

Elastic IP アドレス

公式の内容をご覧ください。

Elastic IP アドレスを効率的に使用するため、Elastic IP アドレスが実行中のインスタンスに関連付けられていない場合や、停止しているインスタンスやアタッチされていないネットワークインターフェイスに関連付けられている場合は、時間毎に小額の料金が請求されます。インスタンスを実行しているときは、インスタンスに関連付けられた 1 つの Elastic IP アドレスに対して料金は発生しませんが、インスタンスに関連付けられた追加の Elastic IP アドレスがある場合、その追加分に対しては料金が発生します。

ただし、EIPをは無料の場合、と有料の場合があります?

東京リージョン料金表 0.005USD: 実行中のインスタンスと関連付けられている追加の IP アドレス/時間あたり(比例計算) 0.005USD: 実行中のインスタンスと関連付けられていない Elastic IP アドレス/時間あたり(比例計算) 0.00USD: Elastic IP アドレスのリマップ 1 回あたり – 1 か月間で 100 リマップまで 0.10USD: Elastic IP アドレスのリマップ 1 回あたり – 1 か月間で 100 リマップを超える追加分

課金された場合、1か月にいくら請求されますか?

計算しましょう。 為替レートは2020/2/7の日に従って計算されます。

1時間

0.005$ = 0.55円

1日(24時間)の価格

0.124 = 13.64円

1か月(30日間)の価格

3.6$ = 396円

★★★結論:一か月最大は400円程ですね!★★★

簡単に言えば、EIPが請求されるのは3つのパターンがあります、注意してくださいーね

EIPはEC2に関連付けられていますが、EC2を停止されました。

EIPはEC2に関連付けられていません。

ENI(Elastic Network Interface)を使用して複数のEIPを関連付けます。

以上です。

Last modified: 2020-03-06

Comments

ありがとうございました。

Comments are closed.