新しい EBS ボリュームは、利用可能になるとすぐに最大のパフォーマンスを発揮し、初期化を必要としません。

スナップショットから復元されたボリュームの場合、初期化がしないと、EBSが非常に遅くになります、dd ユーティリティまたは fio ユーティリティを使用して、リュームのすべてのデータ読み取りが必要です。

dd を誤って使用すると、ボリュームのデータが失われる場合があります。以下のコマンド例に正確に従ってください。if=/dev/xvdf パラメータのみ、読み出しているデバイスの名前によって異なります。

[ec2-user ~]$ sudo dd if=/dev/xvdf of=/dev/null bs=1M

[fio] システムに fio がインストールされている場合、ボリュームを初期化するには次のコマンドを使用します。–filename (入力ファイル) パラメータは、初期化するドライブに設定します。

sudo fio --filename=/dev/xvdf --rw=read --bs=128k --iodepth=32 --ioengine=libaio --direct=1 --name=volume-initialize

Amazon Linux に fio をインストールするには、次のコマンドを使用します。

sudo yum install -y fio

Ubuntu に fio インストールするには、次のコマンドを使用します。

sudo apt-get install -y fio
Last modified: 2020-02-25

Comments

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.