AWS MGNハンズオン – EC2を別リージョンに移行する

はじめに

Application Migration Service(以下MGN)を業務で使う予定がありましたが、知識があまりなかったので流れを理解するために、ハンズオンを実施しました。AMIでも移行できますのであまり意味はないのですが、勉強のために今回はMGNを使用します。

MGNとは

AWS Application Migration Service (AWS MGN) は、お客様のアプリケーションを AWS に移行するために推奨される主要なサービスです。
AWS Application Migration Service を使用すると、物理インフラストラクチャ、VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)、およびその他のクラウドから AWS にアプリケーションを移行できます。

引用:AWS Application Migration Service を選ぶべき場合

構成図

file
移行元:アイルランドリージョン
移行先:バージニア北部リージョン

EC2インスタンスの作成

移行元のアイルランドリージョンでEC2インスタンスを作成します。
今回はWindowsを使います。
以下の画像の通り、OSは「Windows server 2022 Base」を使用し、インスタンスタイプは「t2.micro」を使用しています。
他はデフォルトに設定しています。
※Windowsの場合パスワードをメモしておいてください
file

レプリケーションテンプレートの作成

移行先のバージニア北部に戻ります。
「MGNコンソール」→ 「レプリケーションテンプレート」を選択し、デフォルトのままで「テンプレートを保存」をクリックし、下記のように「テンプレートが保存されました。」とでれば初期セットアップ完了です。
file

AWS Replication Agentのインストール

移行先のバージニア北部で作業します。
「Application Migration Service」→ 「ソースサーバー」から以下の画像に設定します。
今回はWindowsを移行するのでWindowsに設定しています。

「IAMユーザーの作成」をクリックし、IAMユーザーも作成しておきます。
必要ポリシーは「 AwsApplicationMigrationAgentPolicy」です。
IAMポリシー作成後、アクセスキーIDとシークレットアクセスキーはメモしておいてください(CSVのダウンロードでも可)
file

次に移行元のアイルランドリージョン戻ります。
EC2インスタンス内に入り、「AwsReplicationWindowsInstaller」をインスタンス内にインストールし、以下のコマンドを入力します。
※「AwsReplicationWindowsInstaller」は後で移行ができているかの確認ファイルにしていますので削除しないでください。
※ACCESS_KEY_IDとSECRET_ACCESS_KEYは先ほどIAMユーザーを作成したときのを使用してください

.\AwsReplicationWindowsInstaller.exe --region <REGION_NAME> --aws-access-key-id <ACCESS_KEY_ID> --aws-secret-access-key <SECRET_ACCESS_KEY> --no-prompt

実行後、以下の画像になれば成功です。
file

成功後、マネージメントコンソールに戻り、「Appliation Migration Service」→ 「ソースサーバー」で以下の画像のように、ソースサーバーが増えていたら成功です。
file

レプリケーション実行

移行元のアイルランドリージョンでエージェントのインストールが完了したら、レプリケーションの準備が完了です。

移行先のバージニア北部のEC2インスタンスを確認すると、レプリケーションサーバーが自動で立ち上がっていることを確認します。
file

レプリケーションサーバーが立ち上がると、レプリケーションが始まります。
file

テストインスタンスへの移行

以下の画像のように「テストの準備完了」と表示されればレプリケーションの準備が完了しました。テストに行く前に、移行用インスタンスの準備を行います
file
MGNの設定からEC2起動テンプレートを指定します。
MGNの設定を行った際にテンプレートIDが自動で発行されているので、「起動設定」→ 「変更」から適切な内容に変更します
file
EC2テンプレートはデフォルト設定しないと利用されないので、忘れずにデフォルト設定にします。
file
※「一般的な起動設定」で「インスタンスタイプの適切なサイズ設定」をオフにしないと、強制的に、推奨のインスタンスタイプ(今回はc4.large)で上書きされてしまうので注意
file
設定をしたら、テストインスタンスを起動します。
file
「テストが進行中」に変われば成功です。
起動ステータスが「起動済み」に変わるまで待ちます。
file
しばらくすると起動済みに変わっていることを確認します。
file
EC2インスタンスを見てみるとしっかり起動していることが確認できます。
file
作成されたEC2インスタンスを起動してみます。
EC2作成の時に入れた「AwsReplicationWindowsInstaller」が入っていることが確認できました。
file

本番環境への移行

テストが完了したら次は本番環境への移行です。
「カットオーバー」が本番環境への移行です。
「テストおよびカットオーバー」から「カットオーバーインスタンスを起動」をクリックしカットオーバーインスタンスを起動します。
file
起動すると以下の画像のように「カットオーバーが進行中」となります。
file
起動ステータスが「最初の起動 : 成功」となっていれば成功です。
file
本番用EC2インスタンスもしっかり起動できていることを確認します。
file
本番用EC2内にはいり、「AwsReplicationWindowsInstaller」がしっかりあるかを確認します。
file

本番環境への移行後

本番環境へのカットオーバーが終わった後は不要なサーバーなどを削除が必要です。
「テストおよびカットオーバー」から「カットオーバーを最終処理」をクリックします。
file
以下の画像のように「カットオーバー完了」となります。
file
次に「アクション」から「アーカイブ済みとしてマーク」をクリックします。
file
最後に、移行したEC2インスタンス以外はすべて終了になっていることが確認できました。
file

まとめ

MGNを触っていて、とても便利で簡単に移行できるサービスということを確認できました。
今回はクラウドからクラウドへの移行だったので、次回はオンプレミスからクラウドへの移行も試していきたいと思います。

Last modified: 2023-04-05

Author