前回の記事は、空の Azure Resource Manager テンプレート (ARM テンプレート) を作成してデプロイしました。
これで、実際にリソースをデプロイすることができます。 今回は、ストレージ アカウントを追加してみます。

リソースの追加

1.前回の空のテンプレートファイルに、下記のソースを追加します。

ソース内容は下記ご参照。

{
    "$schema": "https://schema.management.azure.com/schemas/2019-04-01/deploymentTemplate.json#",
    "contentVersion": "1.0.0.0",
    "parameters": {},
    "functions": [],
    "variables": {},
    "resources": [
        {
            "type": "Microsoft.Storage/storageAccounts",
            "apiVersion": "2019-04-01",
            "name": "store20210510",
            "location": "japaneast",
            "sku": {
                "name": "Standard_LRS"
            },
            "kind": "StorageV2",
            "properties": {
                "supportsHttpsTrafficOnly": true
            }
        }
    ],
    "outputs": {}
}

テンプレートファイルのアップロード

テンプレートのデプロイ

デプロイの確認

1.デプロイ成功しました!

2.デプロイ名はまだ「blanktemplate」ですが、さっき追加したソースが反映されたかどうかを確認します。
デプロイ名「blanktemplate」⇒「テンプレート」

おわりに

デプロイの結果を見ると、既存同じデプロイ名のテンプレートがある場合、警告も出ず上書きデプロイします。
運用するとき、既存のリソースを壊さないようにご注意ください。

+1
Last modified: 2021-05-14

Author