Azure Cloud Shellを使用してテンプレートをデプロイしてみようと思っていますが、Cloud Shell では Azure File Storage を使用してセッション間でファイルを維持しますので、まず、Azure Storage サービスを簡単に紹介してみましょう。

Azure Storage プラットフォームには、次のデータ サービスが含まれています。

  •  Azure BLOB:テキストおよびバイナリ データのための高度にスケーラブルなオブジェクト ストア。また、Data Lake Storage Gen2 によるビッグ データ分析のサポートも含まれています。
  •  Azure Files:クラウドまたはオンプレミスのデプロイ用のマネージド ファイル共有。
  •  Azure キュー:アプリケーション コンポーネント間の信頼性の高いメッセージングのためのメッセージング ストア。
  •  Azure テーブル:構造化データのスキーマレス ストレージのための NoSQL ストア。
  •  Azure ディスク: Azure VM のためのブロック レベルのストレージ ボリューム。

それぞれのサービスには、ストレージ アカウントを通じてアクセスします。

今回、Azure Filesを利用して、Cloud Shell にローカル ファイルを転送します。

手順

1.まず、Get-CloudDrive コマンドレットは、Cloud Shell の clouddrive によって現在マウントされている Azure ファイル共有の情報を取得します。
特に、下記情報をメモします。

  • FileShareName : cs-xxx-100320012666ef46
  • MountPoint : /home/xxx/clouddrive
  • Name : cs1100320012666ef46

2.対象FileShareNameにアクセスして、「アップロード」をクリックし、対象ファイルをアップロードします。
上記Nameのストレージ アカウント⇒Storage Explorer (プレビュー)⇒ファイル共有⇒FileShareName

3.「MountPoint」のパスを利用したら、Cloud Shellで対象テンプレートファイルを読み込んでデプロイ成功しました。

<参照>

コア Azure Storage サービスの概要

Last modified: 2021-04-17

Author