BitnamiのAMIにnginx、PHP、MySQL既に配置しているので、WordPressを構築すればとても便利です。

ただ、AMIのディフォルトタイムゾーンの設定はUTCに設定されていつので、Log確認する時不便です。
本日は、タイムゾーンの修正方法を説明します。

現在の設定を表示

bitnami@aws-web:$ timedatectl
      Local time: Fri 2020-03-13 08:17:30 UTC
  Universal time: Fri 2020-03-13 08:17:30 UTC
        RTC time: Fri 2020-03-13 08:17:00
       Time zone: Etc/UTC (UTC, +0000)
 Network time on: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no

「timedatectl」コマンドを実行することで、現時点の「日付と時刻」「タイムゾーン設定」「NTP同期状態」等の情報を表示させることが出来ます。

表示される項目説明

項目 内容
Local time TimeZoneで設定されている地域の現地時刻
Universal time 協定世界時の時刻
RTC time リアルタイムクロック(コンピュータに内蔵されている時計)の時刻
Time zone タイムゾーン
NTP synchronized NTPの同期状態
RTC in local TZ リアルタイムクロックのタイムゾーン設定
DST active 夏時間の設定

Local timeはUEtc/UTCを設定されています。
UTCから東京にセットするので、
とりあえず、

タイムゾーンの一覧表示

bitnami@aws-web:$ timedatectl list-timezones
Africa/Abidjan
Africa/Accra
Africa/Addis_Ababa
Africa/Algiers
.
.
Asia/Tokyo

東京タイムゾーンは:Asia/Tokyo

タイムゾーンを東京にセット

bitnami@aws-web:$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

確認

bitnami@aws-web:$ timedatectl
      Local time: Fri 2020-03-13 17:20:57 JST
  Universal time: Fri 2020-03-13 08:20:57 UTC
        RTC time: Fri 2020-03-13 08:20:27
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
 Network time on: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no

問題なし、Time zoneはAsia/Tokyo (JST, +0900)に設定しました。
以上です。

Last modified: 2020-03-13