皆さま、こんにちは!協栄情報の陳です。

やりたいこと

EBSは暗号化されないEBSを暗号化することが容易になりますが、既に暗号化されたEBSをそのまま解除することができません。今回は、データ同期を利用して、暗号化済みEBSから暗号化されないEBSを作ります。

環境
OS:RHEL7.9

作業ステップ

同期元としてボリュームの作成

EC2を停止して、ルートボリュームからナップショット取得
file

ナップショット[SNAPSHOT-ENCRYPTION]作成済みことを確認
file

スナップショットから同期元としてボリュームを作成
注意:ボリュームのアベイラビリティーゾーンは必ず対象EC2と一致
file

ボリューム[EBS-SYNC]作成済みことを確認
file

暗号化されない新ボリュームの作成

今回の縮小対象ボリュームはルートボリュームなので、新ボリュームにディスクパーティションの作成を回避するために、対象EC2と同じのAMIからEC2を新規起動して、ルートボリュームを取得します:
①対象EC2と同じのAMIからEC2を新規起動して、ルートボリュームを暗号化しないに設定します。
②新EC2を作成した後で、停止にして、ルートボリュームをデタッチします。
※新ボリュームを取得するために、新EC2を作成したので、ボリュームを取得できたら、新EC2を削除しても構わないです。

ボリューム[NEW]作成済みことを確認
file

ボリュームのアタッチ

同期元ボリューム[EBS-SYNC]と新ボリューム[NEW]を対象EC2にアタッチします。
file

ボリュームの同期

対象EC2を開始して、SSHでディスクデバイスの状態をみてみます。

file

マウントポイントを作成します。
$ sudo mkdir /mnt/new /mnt/old
同期元と新ボリュームをマウントします。

注意:3つのボリュームは、UUIDが同じですので、"-o nouuid"をつけないとエラーとなります。

$ sudo mount -o nouuid /dev/xvdf2 /mnt/new
$ sudo mount -o nouuid /dev/xvdg2 /mnt/old
マウント結果を確認します。

file

新ボリュームを同期元ボリュームと同期します。

rsyncオプション:
-a 転送元のディレクトリを再帰的にオーナー・グループ・パーミッション・タイムスタンプをそのままコピーします。
-x 再帰的に実行された時にファイルシステムの境界を横断しません。
–delete 転送元のディレクトリに存在せず転送先のディレクトリに存在するファイルがあれば削除します。

$ sudo rsync -ax --delete /mnt/old/ /mnt/new/
同期結果を確認します。

file

新ボリュームをアンマウントします。
$ sudo umount /mnt/new

ボリュームの切り替え

EC2を停止して、3つのボリュームを全部デタッチして、暗号化されない新ボリュームをルートボリュームとしてアタッチします。
注意:ルートデバイス名は必ず"/dev/sda1"とします。
file

結果検証

EC2を開始して、SSHでユーザ名、インストールされたAPPなどを検証します。
file

最後に

この方法は1つのEC2(新ボリューム取得するためのEC2)と2つのEBS(ボリューム[EBS-ENCRYPTION]とボリューム[EBS-SYNC])が残っているため、忘れずに、細心な注意を払う、削除してください。それに、新ルートボリュームの「終了時に削除」が"いいえ"になりましたので、気にすれば、スナップショット→AMI→新EC2起動で「終了時に削除」が"はい"に変更できます。

それでは、今回も読んでいただきありがとうございました!!

Last modified: 2021-03-01

Author