AWS のAmazon EBS に新しいボリュームタイプ io2 が登場しました!io1と比較して設計上の耐久性が100倍に、1GiB毎に設定できるIOPSが10倍になって、お値段はio1と同じ。機能はio1と同じですがマルチアタッチだけ未対応で、これは今後対応予定です。

新しいEBSボリュームタイプ(io2)– 100倍の耐久性と10倍のIOPS / GiB

2016年8月にSSDでバックアップされたストレージのギビバイト(GiB)あたりのIOPSの比率を数回増加させました。この比率はGiBあたり10 IOPSから始まり、GiBあたり50 IOPSまで着実に増加しています。つまり、EBSボリュームが大きいほど、配信用にプロビジョニングできるIOPSが多くなり、ボリュームあたりの上限は64,000 IOPSになります。この比率の変更により、スループット中心のワークロードのストレージコストが5分の1に削減されました。

また、お客様のリクエストと、より多くのパフォーマンスへの飽くなき要望に基づいて、EBSボリュームあたりのIOPSの最大数を複数回引き上げました。

2012年8月 – EBSボリュームあたり1,000 IOPS。
2012年11月 – EBSボリュームあたり2,000 IOPS。
2013年5月 – EBSボリュームあたり4,000 IOPS。
2014年8月 – I/Oリクエストごとに最大256K(16倍)。
2015年 3月 – EBSボリュームあたり20,000 IOPS。
2017年12月 – EBSボリュームあたり32,000 IOPS。
2018年11月 – EBSボリュームあたり64,000 IOPS。
2014年8月のI/O要求サイズの変更により、EBSはスループット中心のワークロードに対して16倍の費用対効果が高くなりました。

さまざまな数値をまとめると、プロビジョニングされたIOPSボリュームは、容量、IOPS、およびGiBあたりのIOPSの比率によって定義されると考えることができます。また、パーセンテージで表される耐久性についても考慮する必要があります。たとえば、io1ボリュームは99.9%の耐久性を提供するように設計されており、これは一般的な市販のディスクドライブよりも20倍高い信頼性があります。

耐久性の向上とIOPSの向上
今日、私たちは io2ボリュームタイプをリリースし、2つの重要な利点を既存の io1ボリュームと同じ価格で提供します。

高い耐久性 – io2ボリュームは99.999%の耐久性を提供するように設計されているため、市販のディスクドライブより2000倍の信頼性があり、ストレージボリュームの障害の可能性をさらに減らし、アプリケーションの可用性の向上に役立ちます。ちなみに、以前は耐久性を年間故障率、つまりAFRで表現していました。新しいパーセンテージベースのモデルは、他のストレージ製品と一貫性があり、障害ではなく成功に対する期待を伝えます。

より多くのIOPS – GiBあたりのIOPS比率がさらに増加し​​ています。今回はGiBあたり500 IOPSです。EBSボリュームからより高いパフォーマンスを得ることができ、望ましいレベルのパフォーマンスを達成するために過去に行った可能性のある過剰プロビジョニングを削減または完全に排除することができます。

これらの利点を総合すると、io2ボリュームは、高性能でビジネスに不可欠なデータベースとワークロードに最適です。これには、SAP HANA、Microsoft SQL Server、IBM DB2が含まれます。

io2に変更の方法

新しいio2ボリュームを作成でき、既存のボリュームのタイプをio2に簡単に変更できます。

file

または

$aws ec2 modify-volume --volume-id vol-0b3c663aeca5aabb7 --volume-type io2

io2ボリュームは、ロードマップにあるMulti-Attachを除いて、io1ボリュームのすべての機能をサポートします。

利用可能なリージョン:

US East (Ohio), US East (N. Virginia), US West (N. California), Canada (Central), Europe (Frankfurt), Europe (Ireland), Europe (London), Europe (Stockholm), Asia Pacific (Hong Kong), Asia Pacific (Mumbai), Asia Pacific (Seoul), Asia Pacific (Singapore), Asia Pacific (Sydney), Asia Pacific (Tokyo), and Middle East (Bahrain)

From:
https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/new-ebs-volume-type-io2-more-iops-gib-higher-durability/

Last modified: 2020-08-25

Comments

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.