概要

Windowsのファイル共有やプリンタ共有と,ローカル・ドライブやローカル・プリンタといったデバイスへのマッピングを管理する。

構文

C:\Users\Administrator>net use /?
The syntax of this command is:

NET USE
[devicename | *] [\\computername\sharename[\volume] [password | *]]
        [/USER:[domainname\]username]
        [/USER:[dotted domain name\]username]
        [/USER:[username@dotted domain name]
        [/SMARTCARD]
        [/SAVECRED]
        [/REQUIREINTEGRITY]
        [/REQUIREPRIVACY]
        [/WRITETHROUGH]
        [[/DELETE] | [/PERSISTENT:{YES | NO}]]

NET USE {devicename | *} [password | *] /HOME

NET USE [/PERSISTENT:{YES | NO}]

C:\Users\Administrator>

オプション

オプション 説明
/USER: 接続するユーザ名を指定する
/HOME ユーザのホームディレクトリに接続する
/SMARTCARD 接続にスマートカードの接続情報を使用する
/SAVECRED ユーザとパスワードを保存する
/REQUIREINTEGRITY 共有への署名付き接続を要求する
/REQUIREPRIVACY 共有への暗号化された接続を要求する
/PERSISTENT:{YES NO}  固定ネットワーク接続の使用を制御する
YES: 接続情報を次のログオン時に復元する
NO: 接続情報を保存しない
/? コマンドの省略形のヘルプを表示する
/help コマンドのヘルプを表示する

ネットワークドライブの割り当て

net use ドライブレター: \フォルダパス パスワード /user:ユーザアカウント

オプション
割り当てドライブ D
サーバorIP 192.168.1.1
フォルダ share
パスワード password
ユーザアカウント test
net use D: \\192.168.1.1\share password /user:test

Active Directoryの場合はFQND名を指定することもできる。

net use D: \\server1\share1 /user:test@domainname.com password

次回ログオン時に再接続しないようにしたい

net use D: \\192.168.1.1\share password /user:test /persistent:no

persistent が YES だと、次回ログオン時に再接続しに行きますし、NO だと再接続しません。ちょっと調べてみたところでは、Windows 的には “persistent:yes” がデフォルトらしいです。

ネットワークドライブの切断

net use ドライブレター: /delete /y

net use D: /delete /y
Last modified: 2021-01-11

Author