はじめに

Amazon FSxの構築ハンズオンをしていきます。

※構築にあたって料金が発生しますので、検証の場合は構築後速やかに削除ください。

用語理解

Amazon FSx

機能が豊富で高性能なファイルシステムを、クラウド上で起動、実行およびスケーリングすることが可能です。
信頼性、セキュリティ、スケーラビリティ、幅広い機能を備え、さまざまなワークロードをサポートしながらも、コスト効率が高いです。
フルマネージドサービスとして、ハードウェアのプロビジョニング、パッチ適用、バックアップを行うため、お客様はビジネスに専念することができます。

ハンズオン

構築図

前提条件

・検証のため2つの異なるCIDRをもったVPCを用意します。
※構築が面倒な場合は、CloudFormationを使ってVPC構築
などの記事で構築ください(適宜CIDRなどを変更してご利用下さい)。

1.VPC同士のネットワークを構築する

1-1.『VPC』の画面より『ピアリング接続』を選択

画面右上にある『ピアリング接続を作成』を押下する

1-2.ピアリング接続の設定

異なるCIDRをもったVPC同士をピアリングする

1-3.『アクション』から『リクエストを承諾』を押下する

ピアリング後作成された値をコピーする(pcx-XXXXXXXXXXの部分)
※『リクエストを承諾』しないとピアリングの設定が終わらないので注意ください

1-4.『ルートテーブル』でのルートを編集

赤枠部分、左ペインの『ルートテーブル』から『ルート』を選択、『ルートを編集』を押下する

1-5.ルートを編集

赤枠部分にピアリングしているVPCのCIDRと、1-3.で作成したピアリングの値(pcx-XXXXXXXXXX)を入力する

もう片方のルートテーブルにも、上記と同じようにピアリングの値を入力する。
自分の環境では、1つのVPCにつきパブリック・プライベート1つずつ、合計2つのルートテーブルがあり、2つのVPCそれぞれに設定が必要なので、合計で4回作業が生じました。

※最初『VPCピアリングだけすればOKだ』と理解していたので、こちらの構築をすっぽかしており30分くらいググりました。

2.Directory Service(AWS Managed Microsoft AD)を構築する

2-1.『DirectoryService』の画面より『ディレクトリのセットアップ』を押下する

2-2.『AWS Managed Microsoft AD』を選択して『次へ』を押下する

2-3.ディレクトリ情報を入力する

ディレクトリのDNS名パスワードを入力する

2-4.VPCとサブネットを選択

DirectoryServiceのリソースを配置するVPC、サブネットを選択していきます。
今回はA-VPCのパブリックサブネットに配置します。

『次へ』を押下後、20〜45分でリソースが作成されるので気長に待ちます。

3.FSxを構築する

3-1.ファイルシステムのタイプを選択する

今回はAmazon FSx for Windowsファイルサーバーを選択します

3-2.ファイルシステムを作成


今回BのVPCにFSxを構築していきます(赤枠のSG作成については、下にCFn掲載します)

3-2-1.SG作成にあたって

・FSxを配置するVPCには次の図にあるような、通信に対してのセキュリティグループが必要です

参考URL:Amazon VPC を使用したファイルシステムアクセスコントロール

3-2-2.SG構築用のCFn

VPC作成後に作成されるVPCIDを各自で入力して、セキュリティグループを作成ください。

AWSTemplateFormatVersion: 2010-09-09
Resources: 
  secGroupName:
    Type: AWS::EC2::SecurityGroup
    Properties:
      GroupName: SG-fsx
      GroupDescription: SG-fsx
      VpcId: 【VPC作成後 VPC Bに該当する VPC ID を入力ください】
      SecurityGroupEgress:
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 53
          ToPort: 53
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: udp
          FromPort: 53
          ToPort: 53
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 88
          ToPort: 88
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: udp
          FromPort: 88
          ToPort: 88
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: udp
          FromPort: 123
          ToPort: 123
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 135
          ToPort: 135
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 389
          ToPort: 389
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: udp
          FromPort: 389
          ToPort: 389
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 445
          ToPort: 445
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 464
          ToPort: 464
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: udp
          FromPort: 464
          ToPort: 464
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 636
          ToPort: 636
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 3268
          ToPort: 3268
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 3269
          ToPort: 3269
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 9389
          ToPort: 9389
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 49152
          ToPort: 65535
          CidrIp: 0.0.0.0/0
      SecurityGroupIngress:
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 445
          ToPort: 445
          CidrIp: 0.0.0.0/0
        - IpProtocol: tcp
          FromPort: 5985
          ToPort: 5985
          CidrIp: 0.0.0.0/0
      Tags:
        - Key: "Name"
          Value: "SG-fsx"

3-2.ファイルシステムを作成

2.で構築したAWS Managed Microsoft Active Directoryを選択する(完了していない場合は、選択することが出来ません。)

3-3.構築されるまで待機する

『次へ』を押下後、20〜45分でリソースが作成されるので気長に待ちます。

リソースが利用可能になると、ステータス部分が『利用可能』と表示されます

3-4.『アタッチ』から接続方法を確認する


※今回はWindowsを参考にしていきます

4.EC2からFSxへの接続

4-1.VPC-AのパブリックサブネットにEC2インスタンス(Win)を立ち上げてDNS設定

設定を押下する

赤枠部分をクリックしていきDNS設定の画面を表示する

4-2.DNSの値を、2.で構築した『Directory Service』から確認する

4-3.確認した値をDNS設定に入力する

4-4.プロンプトを起動して、3-4の接続コマンドを入力する

4-5.ディレクトリからFSxがアタッチされていることを確認する

さいごに

次回は別のアカウントから紐づけるなどしてFSxの理解を深めていこうと思います。

Last modified: 2022-07-15

Author