AWS CodeCommit利用際の初期設定

初めに

バージョン管理に皆さんよくGitを利用すると思いますが、今回はAWS上のバージョン管理サービスCodeCommitを利用する際に、必要な初期設定をご紹介します。

Gitリポジトリに接続方式はHTTPSとSSHがありますが、今回はより安全かつ便利のSSH方式をご紹介します。

CodeCommitとは

AWS CodeCommit は、クラウド内のアセット (ドキュメント、ソースコード、バイナリファイルなど) を非公開で保存および管理するために使用できる Amazon Web Services によってホストされるバージョン管理サービスです。

CodeCommit は、セキュアでスケーラブル性が高いマネージド型ソースコントロールサービスで、プライベート Git リポジトリをホストします。CodeCommit では、ソース管理システムを管理したり、そのインフラストラクチャをスケールしたりする必要がありません。CodeCommit を使用してコードからバイナリまであらゆるものを保存します。Git の標準機能がサポートされているため、既存の Git ベースのツールをシームレスに使用できます。

セットアップ

SSHキー作成

ssh-keygenを利用してSSHキーを作成します。

自分のEmailアドレスでも良いので、SSHキーを生成時に-Cオプションを利用してコメントを付けます。

基本は全部次でSSHキーが作成されます。ホームディレクトリの.sshフォルダに二つの鍵が作成されます。上は秘密鍵で下はパブリック公開鍵です。

IAMユーザを作成する

IAMユーザを作成し、CodeCommitへのアクセス権限を付与します。

作成したIAMユーザの詳細画面で「public key」をアップロードします。

うまくアップロードされた場合は、以下のようにSSH Key IDが表示されます。

~/.ssh/configファイルを作成

Host git-codecommit.*.amazonaws.com
  User APKAEIBAERJR2EXAMPLE
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa

Userは先ほどアップロードしたパブリック公開鍵のSSH Key IDです。

接続確認

下記のコマンドで接続確認をします。初回では信頼されるホストと聞かれるが、yesと回答したら、成功に接続できました。

リポジトリ作成

マネジメントコンソールから簡単にリポジトリを作成できます。

リポジトリをローカルにクローンする

いくつクローンの方式がありますが、今回はSSHを利用してクローンします。

下記のSSHをクリックすると、リポジトリのSSHアドレスがコピーされます。

下記のコマンドを実行してローカルにクローンします。

空のリポジトリですが、クローンできました。

簡単のGit操作

Gitコマンド 説明
git config Git設定
git init ローカルにGitリポジトリを作成する
git status 作業ツリー内の差分ファイルを表示
git add コミット対象のファイルを登録
git commit 変更されたファイルをコミット
git remote add リモートリポジトリの追加
git push ローカルリポジトリの変更点をリモートリポジトリにマージ

上記は簡単なコマンドを紹介するだけで、詳細はGitの公式ドキュメントをご参考いただければと思います。

今回はテストで1個ファイルを作成してリモートリポジトリにアップロードしてみました。

最後

ここでAWS CodeCommitを利用してGitリポジトリを作成し、ファイルコミットまで実施しました。

AWS利用して結構便利にプライベートリポジトリを作成できるので皆さんも活用してみてください。

Last modified: 2021-03-21

Author