WinSCPでEC2に接続してみました。

検証環境

・接続先:EC2(RedHat Linux 8.4)
・接続元:Windows10

WinSCPのダウンロードとインストール

WinSCPのダウンロードダウンロード

WinScpダウンロードページ
下記画像のようにダウンロードのボタンをクリックします。
file

WinSCPのインストール

EXEファイルがダウンロードされるのでウィザードに沿ってインストールします。 (下記の画像を参照)
file

file

file

file

file

file

file

EC2セキュリティグループの設定

SFTP(SSH File Transfer Protocol)で接続出来るようにします。 セキュリティグループでSSHの許可を最低限の送信元に与えます。
※送信元IPについて自分の環境に合わせて読み替えてください。

タイプ プロトコル ポート範囲 送信元
SSH TCP 22 IPアドレス/32

WinSCPでの接続

WinSCPを起動し、ホスト名:パブリックIPとユーザー名:ec2-userを指定します。
file

[設定]を選択します。
file

左メニュー > 認証を選択し、秘密鍵を選択します。 秘密鍵はEC2作成時に指定したものです。
file

file
「全てのファイル(.)」を指定し、拡張子が「.pem」のファイルを選択し、[開く]を押下します。
※既に.ppkに変更済みの場合、.ppkを指定します。
file

[OK]を選択し変換します。
file

PuTTY形式の秘密鍵を保存するフォルダを指定し、「保存」をクリックします。
file

「OK」を選択します。
file

「OK」を選択します。
file

「ログイン」を選択します。
file

「はい」を選択します。
file

以下のように表示されれば、接続完了です。
file

右ウィンドウにファイルをドラッグアンドドロップすると、EC2の「/home/ec2-user」に転送されます。

file

まとめ

WinSCPを使ってEC2に接続する手順を紹介しました。AWSのサービス(s3など)でもファイル転送できまが、EC2のセキュリティグループにSSHの接続が許可された場合、WinSCPを使ったほうが便利だと思います。

以上です。
どなたかの参考になれば幸いです〜。

Last modified: 2022-09-25

Author