協栄情報システム3部の齊藤です。

 

Amazon Web Services(AWS)の認定資格である「AWS Certified Solutions Architect – Associate (SAA) 」は、IT系資格ランキングで1,2を争う人気資格ですよね。

 

AWS-SAAを取得することで、社内の評価が高まったり、就職・転職活動をする際に有利に働いたりします。実際わたしは異業種からエンジニア職に転職するために、AWS-SAAの取得を目指しました。しかし、IT知識ゼロからAWS-SAAを取得するのは、ネットに書かれているほど簡単ではなかったです。

 

今回の記事ではわたしがAWS-SAA取得のために行った勉強方法や勉強時間を紹介します。

 

※私が取得したのはAWS-SAA-CO2です。2022年9月から新試験SAA-003に変わっていますので、ご注意ください。

 

 

AWS-SAAについて

AWS-SAA勉強方法

わたしは2022年7月29日にAWS-SAAに合格しました。「AWS Certified Solutions Architect – Associate (SAA) 」は人気資格ですが、そもそもどんな資格なのでしょうか。

 

 

■AWS Certified Solutions Architect – Associate (SAA) とは?

aws認定資格
 
「AWS Certified Solutions Architect – Associate (SAA) 」はクラウドサービス“Amazon Web Service”が認定する12個の資格のうちの一つです。

 

業界で認められた AWS Certified Solutions Architect – Associate (SAA) は、幅広い AWS のサービスにわたる AWS テクノロジーに関する知識とスキルを示します。この認定の焦点は、コストとパフォーマンスが最適化されたソリューションの設計にあり、AWS Well-Architected フレームワークに関する深い理解を示します。この認定は、認定された専門家のキャリアプロファイルと収益を向上させ、利害関係者やお客様とのやり取りにおける信頼性と自信を高めます。 Amazon Web Servicesより

 

試験範囲や受験料に関しては、こちらから

 

■AWS-SAAを取得するメリット

「AWS Certified Solutions Architect – Associate (SAA) 」を取得するメリットは、個人的に2つあると思っています。

 

一つはクラウドサービスの最低限の知識を身に着けられることです。未経験からエンジニアに就職・転職した場合、仕事で使われる用語がわからず苦労します。しかし、資格取得のために勉強することでインフラ・AWSサービスの用語がある程度理解でき、業務での会話についていけるようになるはずです。

 

もう一つは権威付けです。資格を取ることで自身の知識レベルを明確化でき、社内・社外の方へ権威性を発揮できます。

 

 

わたしの勉強方法を紹介

■学習する前に

わたしの勉強方法を紹介する前に、やってもらいたいことがあります。まずはあなたはなんのためにAWS-SAAを取得するのか(GOAL)を明確にしましょう。わたしがAWS-SAAを取得した理由は、異業種からエンジニアに転職するために、最低限の知識と権威性を手に入れるためでした。

 

あなたはどうでしょうか?重要なことなので、理由を明確にしておきましょう。

 

  • 就職・転職活動の際の武器
  • 社内評価を高めるため
  • 資格取得の勉強が趣味 …etc

 

■使用教材

わたしがAWS-SAAを取得するために使用した教材は主に以下の3つです。

 

  1. AWSome Day Online Conference【絶対おすすめ
  2. 徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書[SAA-C02]対応※
  3. CloudTech

 

詳しく説明していきます。

 

※AWS-SAAは2022年9月にC02からC03の新試験に変わりました。
 

1.AWSome Day Online Conference【絶対おすすめ】

「 AWSome Day Online Conference」はAmazon Web Servicesが開催する初学者向けオンラインイベントです。毎月第一水曜日に配信されます。

 

おすすめの理由は、Amazon Web Servicesが提供する主要サービスや概念をおおまかに知ることができるからです。学習を始めると、文字だけでサービスを理解するのに苦しみます。しかし、「AWSome Day Online Conference」に参加することで、サービス名を見るとなんとなくどういった内容か理解できるはずです。

 

動画内でAWSについて説明してくれるソリューションアーキテクトの高橋さんの話がわかりやすいのもおすすめの点です。

 

「 AWSome Day Online Conference」の次回開催日はこちらから確認ください

 

2.徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書[SAA-C02]対応※

「徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書[SAA-C02]対応」は名前の通り、教科書です。しかし、普通の教科書と違って、AWSにおける重要な概念のAWS Well-Architected フレームワークに沿って各サービスが説明されています。

 

AWS-SAAの問題は“AWS Well-Architected フレームワーク”に従った回答を求められる問題が多いです。“AWS Well-Architected フレームワーク”とAWSサービスを関連付けて学ぶのに、うってつけの書籍だと思います。

 

※2022年09/10現在、AWS-SAA-C03対応版にはなっていません。

 

3.CloudTech

「Cloud Tech」は初学者を導く日本最大級の有料AWS学習オンライスクールです。

 

おすすめの理由は問題数と質です。ネット上には無料でAWS-SAAの問題を提供するサイトが数多くありますが、実際のAWS-SAA資格試験で問われるレベルの問題を提供するサイトは少ないです。

 

しかし、「CloudTech」で提供されている問題は本試験と同等レベルです。はじめに有料と書きましたが、無料コースも用意されいてます。私は無料コースに登録し、無料枠のAWS-SAA200問を4周しました。

 

 

■わたしのAWS-SAA合格のための勉強方法

わたしがAWS-SAAに合格するために行った勉強方法を紹介します。

 

  1. 「AWSome Day Online Conference」に参加する
    →月イチ開催ですが、ぜひ参加してみてください。

 

  1. 「徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書[SAA-C02]対応※」を3周読む

 

  1. 「CloudTech」で提供されている問題を4周する
    →教科書を3周したら、受験日まで毎日問題を解き続けました。

 

  1. 受験当日は「徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書[SAA-C02]対応※」の試験対策と書かれた箇所だけ通読する
    →書籍内に「試験対策」と書かれた部分があります。わたしの体感で申し訳ないのですが、“試験対策”と書かれた部分から数問出ました。

 

※2022年09/10現在、新試験AWS-SAA-C03対応版にはなっていません。

 

■学習期間・時間

わたしはAWS-SAA試験の勉強を始めて、合格までに23日かかりました。
学習時間は平日2~3時間、休日7時間の計90時間ほどです。

 

■合格までに苦労した点3つ

AWS-SAAに合格するまでに苦労した点が3つあります。

 

  1. すべての単語が意味不明な点
    →最初はサービス名を理解することに注力しましょう。
    そのためには動画が一番です。

 

  1. 問題文が日本語としておかしい場合があり、何を問われているかわからない点
    →受験前に公式の模擬試験を受けておくことをおすすめします。試験関連書籍や関連サイトで提供されている模擬問題は日本語がきれいに整えられています。
    しかし、実際の問題は英語を日本語に翻訳したような問題分が出てくるため、たまに文章がおかしい問題が出てきます。受験当日に驚かないように、AWS-CLFの模擬問題でもいいので解いておきましょう。

 

  1. 資格の勉強は自己啓発なのでモチベを保ちづらい点
    →最初にSAAの取得はなんのため?と聞きました。SAAの難易度はネットで書かれているほど甘くないです。途中で挫折し投げ出したくなるかもしれません。
    継続的な勉強をするために、モチベを保ち続けるのが重要です。今日は疲れたから勉強はいいやと思ったときは、なんのために取得するのか思い出してください。

 

■こぼれ話

テストセンターで受験したのですが、最後試験終了ボタンをクリックした瞬間、小さい文字で“合格”と表示されました。

 
???

 
もう結果わかるの?心の準備ができてないよ?本当に合格したの?って気分になりました。画面に合格と表示されたならば、合格ですので安心してください。

 

 

まとめ:【AWS-SAA】わたしはこの学習方法で合格しました

この記事では私がAWS-SAA-C02取得のために行った学習方法を紹介しました。ざっくりとまとめると、

 

  • 学習方法:導入動画→書籍通読3周→問題200問回答4周
  • 学習期間:23日間、90時間ほど

 

わたしの勉強方法が参考になれば幸いです。認定資格に合格しましたら、実際に手を動かすハンズオンで確かなスキルに変換していきましょう。EC2インスタンスを起動すると、ちょっと感動します。資格取得後の次のステップがわからない方は、「AWS 初学者向けの勉強方法 6 ステップ!2022 年版!」を参考にしてみてください。

 

また、SAA取得が難しいと感じている方がいましたら、AWSの基礎的な知識が問われるAWS-CLFの取得を目指すのもありです。

 

私と一緒にクラウドジャーニーを実現するための第一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

 

参考サイトリンク:AmazonWebServices-トレーニングと認定

 

↓ほかの協栄情報メンバーの勉強方法も公開しています。ぜひ参考にしてみてください。

 

■AWS SAA 合格しました!(nakaniwa)
https://cloud5.jp/aws-saa-test/

 
■AWS SAA 合格体験記(higa)
https://cloud5.jp/aws-saa-exam/

 
■SAAを3年ぶりに再受験(資格更新)した話(ebiharatomoko)
https://cloud5.jp/saa-recertification/

 
■0知識から一か月で合格した認定AWS SAAの経験シェア(liangxinyu)
https://cloud5.jp/aws-saa-c02-test/

 
■AWS SAA-C02認定の学習経験(lujian)
https://cloud5.jp/aws-saa-c02-learning/

 
■ソリューションアーキテクト – アソシエイト合格雑記(TERAO)
https://cloud5.jp/saa-pass-note/

 

Last modified: 2022-09-13

Author